ブログ

Jan2016
22

もうすぐ・・・♪

からの投稿

おはようございます^^
津市にある酵素風呂&エステティックサロン MOU久居店の濱田です☆
皆さん、早いもので1月もあと1週間ほどで終わりますね(´・ω・`)
お正月が過ぎ、次にくるイベントといえばバレンタインですね♪
バレンタインといえばチョコレートですねヽ(*´∀`)ノ
疲れている時に食べる方も多いかと思います!
そこで!皆さんはチョコにある体にとって良い事って知ってますか???
チョコは栄養学面では、板チョコ1枚分(約280kcal)程度なら、年単位で毎日摂取し続けても特に問題ないと言われています。むしろ健康効果を期待する学説もあるくらいです。
チョコに含まれるカカオには鉄分や食物繊維、抗酸化成分(がん・動脈硬化などの生活習慣病や老化を防ぐ働きをする成分)が多く含まれているし、独特の甘い香りにはリラクゼーション効果もあるんです☆
チョコの栄養成分は炭水化物・脂質に偏っているので、糖分・脂質の代謝を助けるビタミンBや血中コレステロール値・中性脂肪を抑える働きのあるDHAを含む食品を意識的に摂ると身体にとってもいいです(*゚▽゚*)
ビタミンBを含む食品として知られるのは、米ぬか・大豆・納豆・鶏卵・豚肉・レバー・バナナ・ほうれん草などですが、チョコと相性のいいアーモンドなどのナッツ系からも摂取できます♪
DHAはマグロや青魚に多く含まれています。人間は老齢になるに従い、より甘味を好むようになります。
味覚が減退しても甘味を感じる部分だけは発達したままなのが原因で、若い頃に甘いものが苦手だったり健康を意識したりで甘味を受け付けたがらなかった老齢者が、急にお菓子好きになったりします。

ただチョコは過剰摂取してしまうと、太る原因にもなるのでバランスよく食べてくださいね☆
PAGE TOP