ブログ

Jul2016
07

七夕☆

からの投稿

こんにちは!
津市にある酵素風呂&エステティックサロンMOU久居店の濱田です(´∀`)

今日は七夕ですね♪

七夕といえば織姫と彦星ですねヽ(´▽`)/

琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事、

鷲(わし)座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は農業の仕事をつかさどる星と

考えられていました。

この二つの星は旧暦7月7日に天の川をはさんで最も光り輝いているように見えることから、

中国でこの日を一年一度のめぐりあいの日と考え、七夕ストーリーが生まれたそうです。

七夕といえば、かざりと短冊の2つが挙げられます!!

奈良時代には中国の影響が強く五色の糸を星にお供えする習慣があったようですが、

その後室町の頃に書道の上達を願い硯(すずり)や墨、短冊に書いた和歌などをおさめるようになった

そうです。広く一般に普及したのは江戸時代になってから。

そして現在は色紙で夏の風物詩をかたどったさまざまなかざりや、

短冊などをかざるようになりました(^O^)
ちなみにかざりのひとつひとつに意味があるものもあります。
代表的なかざりにはこんな意味があるんですo(^▽^)o

紙衣→女子の裁縫の腕が上がるように
巾着→お金が貯まりますように
投網→豊漁になりますように
屑籠→整理、整頓、物を粗末にしないように
吹き流し→織姫のように機織が上手になりますように
千羽鶴→家族が長生きしますように
短冊→願い事がかない、字が上手になりますように

今日は天の川が見られるといいですね☆★☆

PAGE TOP