ブログ

Jan2017
05

『食事と血糖値の関係』とは?!

からの投稿

本年も誠によろしくお願い致します☆

 

本年の最初の1発目

『食事と血糖値の関係』について、

お伝えをしていきたいと思います!

 

その関係をお話する上で、

GI値という言葉を聞かれた事はありますか?

 

食べ物を食べた時に、

血糖値がどれくらい上がりやすいかどうかの食品の値です☆

 

高い物で100を越える物があります。

特に60以上の物が危ないと言われていて

その中でも、

・グラニュー糖

・白砂糖

・三温糖などの糖類

・チョコレート

・菓子パン

などが特にGI値が高い物となります。

 

食事をすると、摂取したものは体内で『糖』になり血液中を流れます。

つまり食事により

『血糖値が上昇』するのです。

 

作られた糖は私たちのカラダが動かす

エネルギーとなります。

 

急激に増えると、『インシュリン』という

ホルモンが血糖値を下げようとします。

インシュリンには、脂肪を作り脂肪細胞の分解を抑制する働きがあり、

分泌されすぎると肥満の原因ともなっています…

 

別名、『肥満ホルモン』をとも呼ばれます。

インスリンが血糖値を下げると、この下げる時にインスリンが空腹欲求を出します

それで空腹を感じたり、眠気を感じてしまいます・・・

 

逆に、この血糖の乱高下や

(グルコーススパイク)が無くなると、

空腹を感じにくくなるので、食べすぎる事がなくなって食事の量を調節するのも

とても楽になります!

————————————-

~腸活コンシェルジュ~

ファスティング玉子 麻柄

分子整合医学美容食育協会

エキスパートファスティングマイスター

http://primegroup.co.jp/

http://fasting-prime.jimdo.com/

————————————-

PAGE TOP