ブログ

Mar2018
13

花粉対策☆

からの投稿

こんにちは♪
津市にある足痩せ専門店MOU久居店の濱田です☆
最近少しずつ暖かくなってきて、春に近づいてきましたね♪
そこでやっぱり気になるのが「花粉」ですよね(>_<)
しかし!花粉症の人に必見!!
花粉対策が出来る食べ物が実はたくさんあるんです!!

・さんま(青魚)
さんまをはじめ青魚には「EPA、DHA」が豊富に含まれています。『EPAは血液を健康に、DHAは頭を健康に』といわれていますが、特にEPAは抗炎症作用があり、アレルギーを抑制する効果があるといわれています。
・紫いも
紫いもにはブルーベリーや赤ワインなどに含まれる青紫色をしたポリフェノールの一種である「アントシアニン」が豊富に含まれています。アントシアニンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用があり、花粉症の原因となるヒスタミンの放出を抑制する機能があります。
・れんこん
れんこんには、炎症を抑える働き、止血作用、のどの痛みや鼻水などを抑える働きもある「タンニン」、抗酸化作用のある色素成分の「ポリフェノール」が豊富に含まれています。れんこんにはアレルギー症状の原因となるIgE抗体の過剰生産を抑える働きがあるそうです★
・みかんの皮
みかんの皮には花粉症の鼻水やくしゃみなどの炎症の原因となるヒスタミンの放出を抑える「ノビレチン」が豊富に含まれており、さらに牛乳やヨーグルトの乳タンパク成分である「β‐ラクトグロブリン」と一緒に摂取するいいそうです。
てんブルーベリー
ブルーベリーの紫色の成分「アントシアニン」が花粉症の原因であるヒスタミンの放出を抑制し、アレルギー症状の抑制に関わる機能があることがわかりました。
・しそ
ポリフェノールのひとつに「ロスマリン酸」があります。シソ科のしそ、ローズマリー、レモンバームなどに多く含まれています。ロスマリン酸は花粉症による鼻炎症状を抑えたりしてくれるそうです。
・ヨーグルト
ヨーグルトにはたくさんの「乳酸菌」が含まれています。その乳酸菌は、腸内の善玉菌を増殖させます。ヨーグルトを継続的に食べて乳酸菌を接種することで腸内環境が整い、その結果花粉症などのアレルギーの緩和に効果があると期待されています。

これらの食べ物は辛い花粉症に一発で効く食べ物はないそうですが、体質改善を目指して、毎日継続的に食べることが花粉症対策のひとつだそうです(^ ^)
おいしく楽しみながら花粉対策したいですね!!

PAGE TOP